《新着情報 new!》

足尾通信【第12号】(4/19)週末は春の植樹デー🌳作業デー報告UP

 

足尾通信【第11号】(4/15)桜咲く足尾をUPしました🌸

 

㈱カワチ薬品より寄付

2022年3月15日に、㈱カワチ薬品様からレジ袋有料提供に係る収益1,000万円を当会にご寄付いただきました。

足尾の山を緑にする活動に有意義に活用させていただきます。カワチ薬品様と、レジ袋削減にご協力くださいました皆様に心より感謝申し上げます。

 

🍃第26回春の植樹デー情報をアップしました。このまま下へスクロールしてください。

 

2022年行事カレンダーはこちらです。

2022年は、3/12(土)、3/13(日)作業デーからスタートです。

 

🎍あけましておめでとうございます🎍2022年もどうぞよろしくお願いいたします。

足尾通信【第10号】UPしました。


2022 第26回春の植樹デーのお知らせ

ダウンロード
2022春の植樹デーチラシ-1.jpg
JPEGファイル 633.3 KB
ダウンロード
2022春の植樹デーチラシ-2.jpg
JPEGファイル 508.9 KB

2022年度の春の植樹デー開催のお知らせです。今年も昨年同様に、開会式及び出店や汁物の提供、ミニコンサート、交流会等は行わず、植樹作業のみの開催となります。1日300人限定とし、4回に分け開催します。1日の参加人数を調整するため、団体、個人ともに必ず予約をお願いいたします。

 

●日程(2022年) 各日定員300 ※雨天決行

各回、植樹地が変わりますのでご注意ください。体力に合わせて植樹地を選定してください。

第1部 4月23(土)Aゾーン(高所)終了しました。

第2部 24(日)Bゾーン(低所)終了しました。

第3部 月21(土)Bゾーン(低所)受付終了しました。

第4部 5月22(日)Aゾーン(高所)受付終了しました。

 

Aゾーン…足尾砂防ダム周辺の戸四郎沢植樹地。植樹地は高所です。数百段の工事用階段を登った辺りに植樹します。

 

Bゾーン…ゲート先の駐車場からほど近い久蔵口植樹地。道沿いの植樹地で、斜面の下部に植樹します。小学校を中心とした体験植樹が行われている場所です。

●要予約 4回のうちご都合のよい1回を選んでご予約をお願いいたします。※各回、1週間前までにお願いします。

予約方法:電話・Eメール・下記の予約フォームのいずれかで、お名前、所属団体名、ご住所(事前に実施要項をお送りします)、参加希望日、当日の交通手段、携帯電話等の連絡が取れやすい連絡先等をお知らせください。

【予約先】NPO法人 足尾に緑を育てる会

TEL 0288-93-2180(平日8:30~17:15)

Eメール home@ashiomidori.com

第26回春の植樹デー予約フォーム

メモ: * は入力必須項目です

 

 ●当日のスケジュール

・駐車場は、足尾砂防ダムのゲートの先です(栃木県日光市足尾町 銅親水公園周辺)

・受付9:30~11:00

 受付場所 Aゾーンの日:足尾砂防ダム付近

      Bゾーンの日:久蔵口植樹地

・植樹地に各自で移動して植樹

・各自終わり次第解散

※ゲート閉鎖:午後1時

 

●個人でご用意ください

飲料水・軍手・雨具・滑りにくい靴

●用意できる人は持参してください

ヘルメット・スコップ・苗木・土・水

◎スコップなどの用具は育てる会でも用意します。

◎荷物は必ずリュックに入れて、両手はフリーの状態で登り降りしてください。

 

●送迎 わたらせ渓谷鉄道ご利用の場合は、終点間藤駅からの送迎をいたします。

往路(間藤駅着) 913 1027

復路(間藤駅発) 1058 1131※トロッコ要予約 1222

 (ダイヤ改正202241日

 

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う中止の判断

栃木県に緊急事態宣言が発令されている場合は中止とします。

また、緊急事態宣言が発令されている地域にお住まいの方の参加はお控えくださるようお願いいたします。

 

第26回春の植樹デーは、下記の助成を受けています。

○公益社団法人 国土緑化推進機構の「緑の募金」(全国のローソングループ各店舗を通じた多くの方々からの寄付金によるものです)

○公益財団法人 河川財団の河川美化・緑化助成事業(利根川水系内のゴルフ倶楽部のゴルファーの皆様からの協力金によるものです)

 


植樹参加者 200,000人達成!!

2021年5月11日、植樹参加人数が20万人を達成しました!

20万人目は、社員21名で体験植樹に訪れた㈱田村写真館様です。

20万人記念にトチノキとオオヤマザクラを植えました。


㈱カワチ薬品様よりご寄付をいただきました

2021315日に、㈱カワチ薬品様よりレジ袋有料提供に係る収益1,000万円を、当会にご寄付いただきました。

 

賜りました多大なご寄付は今後の活動に大切に活用させていただきます。㈱カワチ薬品様のご厚意に心より感謝申し上げます。


コロナに負けない!クラウドファンディングに挑戦!

クラウドファンディングが終了しました。

たくさんのご支援をいただきまして誠にありがとうございました!

 

クラウドファンディング終了後に決済確認がとれた方も含めまして、25団体及び323名(372口)という多く方より、目標金額の2倍を超える、4,292,000円のご寄付をいただきました。コロナ禍により、なかなか活動がうまく進められない大変な時に支えてくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。

現在事務局では、情報の整理が終わり、“1000年の森”植樹地看板の制作や返礼品の準備を進めています。11月の末から12月上旬頃の発送を目指していますのでもう少々お待ちください。

2020年9/10(木)~10/31(土) 活動継続に、ご支援をお願いします。

緑を育てる活動を、次の世代へつなぎたい。

現在、コロナ禍により、春の植樹デーは中止、体験植樹も大半が中止や無期限延期となっています。減収が見込まれる一方で、植樹地や苗木の管理等には経費がかかります。経費削減や給付金等の資金の確保にも努めていますが、まだ資金が不足している状況です。そこで、皆様の力をお借りしたく、クラウドファンディングへの挑戦を決意しました。どうか、私たちの活動継続に、ご支援をお願いいたします。

このクラウドファンディングはDreamraising(ドリームレイジング)様のご協力のもと行っています。

詳しくはこちらから→Dreamraisingクラウドファンディング

ダウンロード
クラウドファンディングチラシ表
cffry.jpg
JPEGファイル 1.2 MB
ダウンロード
クラウドファンディングチラシ裏
cffry2.jpg
JPEGファイル 483.3 KB

“1000年の森”植樹地

“1000年の森”植樹地に、1000本の苗木を植え終わりました! ―2020.10/28

例年であれば1万人の方が1万5千本を植えに来てくれるのですが、

今年はコロナ禍により、そのほとんどの方が来られない状況でした。

今年は、みなさまの代わりに、当会のスタッフで1000本の苗木を植えることにしました。

本日は、雲の隙間から時折太陽が照らす植樹地に、ラストスパートの50本を植えました。

クラウドファンディングもラストスパートです。

ご支援いただきましたみなさま、大変な時に支えてくださり、本当にありがとうございました。

スタッフのみなさん、連日の植樹作業お疲れ様でした。

大きく育て!1000年の森!