【緊急】家族向け体験植樹

日頃、学校単位などのグループで体験植樹を実施しておりますが、スケジュールに追われて、じっくりと話を聞くことができない、これまでの緑化の成果をもっと知りたいという声にお答えして、家族向けの体験植樹を実施します。

お一人様からでもOK、植樹、自然体験ツアー、ワークショップなど盛りだくさん、ぜひご参加ください。

 

第23回春の植樹デー特設ページ(23rd Spring Planting Days)

3月になり、第23回の春の植樹デーが近づいてきました。

以下のリンク先に、植樹デー関連の特設ページをもうけました。情報は随時更新して参りますので、是非ごらんください。

 ↓↓↓

春の植樹デー特設ページ

 

 21st and 22nd April is annual Spring Planting Days (The 23rd).

We are waiting for non-Japanese participants in Japan. Come to see the Miracle of Japanese civilian power, here Ashio, Nikko Prefecture. Perfectly exhausted mountain is going to be revived by civilian planting activities. No example like this in another countries.

9:30-12:00 both days (21st and 22nd of April)

Akagane Water Park, pick up service available from Matou Station (Watarase Keikoku Railways)

Perfect free, be ready for wear and footwear (light mountain trail equipment).

Planting tree and tool are also available.

But HOPE you bring 1 sack of black dirt from your garden.

 

速報(集合写真)

21日は1150人、22日は850人が銅親水公園を訪問してくださいました。両日で合計7000本の植樹を達成! 詳細はまたお知らせいたします。

 

足尾環境学習センター開館のお知らせ

4月1日より、足尾環境学習センターがオープンします。

9:30-16:30(入館は16時まで)

 

春の気配を楽しみながら、足尾の山の緑化と生態系の復活を見学にお越し下さい。

 

よみがえれ、足尾の緑

 当会は、足尾銅山創業時の人口集中や煙害などにより、荒廃してしまった足尾の山に木を植えて生態系を復活させる活動を続けています。

 毎年4月末の「春の植樹デー」(2日間)には2000人もの参加者が集まるようになりました。5月から11月の期間には、小学校を中心とした各種団体の植樹活動もサポートしており、2017年は9000人近い方々がここ足尾を訪れ、自らの手で植樹を行いました。

 足尾の山々に緑を取り戻し、渡良瀬川の清流を育んでいくためには、100年も200年もかかると言われています。気の遠くなる目標ではありますが、自分たちの手で一本ずつ植えていくことが大切だと私たちは考えています。ぜひ皆さんも足尾の緑化活動に参加して、一緒に木々を植えませんか?

We are the NPO “Grow Green in Ashio” (founded in April 2002, its origin goes back to May 1996). We have conducted reforestation program in mountain area in Ashio (northern part of Tochigi Prefecture, located in central Japan). In 1900’s, Ashio’s mountain has been completely devastated by air pollution and acid rain caused by smoke from Ashio Copper Mine operation.

Nowadays, our annual meeting “Spring Planting Days” (two days, the end of every April) attracts more than one thousand civilian participants.

We also support educational activities of compulsory school students through reforestation program. Another social group like informal hobby companions are also the target of our program.

We strongly convince that we need more than hundreds of years in order to realize sound green recovery in Ashio’s mountain. However, we also acknowledge that each civilians should have precious experience for planting one by one by their own hands, even if it needs a lot of time.

We cordially propose you to join our thorough but future-enlightening reforestation activity.

これまでの植樹本数

224,817本(2017年までの累計)

176,221人

※詳細は「活動報告」内を参照ください。

 

参考情報

旧足尾町面積185㎢(約9割弱が山林)

 

1897年時の煙害による山林被害(旧農商務省調べ)

森林30㎢、森林復旧可能地域70㎢、裸地35㎢

(石川栄介「一本の苗木に夢を託して:足尾の煙害と緑化事業の歴史」足尾に緑を育てる会編『よみがえれ、足尾の緑』随想舎、2001年、p.63.

 

煙害被害地の拡大

1903年50.14㎢

1907年89.42㎢

1916年267.95㎢

1921年252.79㎢

1924年277.85㎢

1927年270㎢

(秋山智英『森よ、よみがえれ:足尾銅山の教訓と緑化作戦』第一プランニングセンター、1990年、p.60)

 

日光市足尾地区の放射線量

測定日  時間  測定量(μSv/h)
1m 50cm
2017/9/11 13:27 0.08 0.1
 2017/10/2-12/12  ---  0.09(大畑沢公衆トイレ付近)  
       

日光市放射線量マップ

http://www.city.nikko.lg.jp/kankyou/gyousei/jishin/rdmap.html

私たちの活動が登録されました

プロジェクト未来遺産

日光ブランド認定

 私たちの活動が日光ブランド“環境分野”に認定されました。

足尾に緑を育てる会は、2018年1月より、Panasonic NPOサポート ファンドの助成を受けています。